ローマ地下鉄事故

0

    ローマの地下鉄A線で追突事故
    現場はローマ最大のテルミニ駅から南へ一つ目の駅。目撃者らによると、テルミニへ向かう列車がドアを開けて停車していたところ、後続列車が赤信号なのに止まらず、ぶつかったという。

    1ヶ月前に乗車していることもあり、恐ろしい。テルミニ駅の1つ先の駅ということもあり通勤途中の人も観光客も多かったのでは。日本のように駅員が充実しているわけでもなくパニックも相当なものであったに違いない。

    アリタリア航空AZ786便

    0

      ミラノマルペンサを15時20分に離陸。イタリアンの機内食はビーフとパスタ。前回のフライトで好印象の機内食に似ている。

      機内では県庁の星を鑑賞。その他インサイドマンファイヤーウォールをうつらうつら見る。




      9月18日10時30分成田着。

      ヴェネツィア本島→マルコポーロ空港→ミラノ・マルペンサ空港

      0

        ホテルから空港までの送迎は日本語ペラペラの現地の方。ヴェネツィア大学の日本語学科で勉強され、1年間枚方市に留学していたとのこと。イタリアには、ヴェネツィア大学の他、ナポリ大学にも日本語学科があるとのこと。

        この日も大雨。この時期にしては珍しいらしい。11月には雨が多く、サンマルコ広場は水が溢れてしまう。道は水はけが悪い。

        観光に頼るヴェネツィアは物価が高いのも特徴の1つか。

        空港までは水上タクシー。海を横切る形になる。ドアを閉めていなければびしょぬれになってしまうほどの猛スピード。途中でガラスで有名なムラーノ島の横を通り、約20分でマルコ・ポーロ空港に到着。3年前にリニューアルオープンしているが、観光客の増加には対応しきれていないらしい。

        ヴェネツィアからアリタリア航空AZ1454便でミラノ・マルペンサ空港へ。12時20分発、13時25分着。マルペンサで最後のEspressoを1杯。

        イタリア人らしい朝食

        0
          最終日は出発時間が迫っていることもあり朝食が含まれていない。

          この時間では空いているお店も少ない。
          リアルト橋まで歩くとBARを発見。パンやパニーニの種類も豊富。店内はさほど混んでおらずパンのセレクトに熟慮していたところ、水上バスが到着。けたたましい勢いで客が入ってくる。めいめいが勝手にパンを食べ、Espressoを注文する。BARなので当然、カウンターでの立ち食い。

          勢いに乗れないまま何とかパンとサンドウィッチ、カプチーノを購入。店主の善意で着席して食す。うん、どれも美味しい。美味しすぎる。気がつくと、さっきまでいた客はもういない。あっという間のことである。

          最終日にして、もっともイタリアらしい朝食に触れることができた。

          Trattoria Do Forni

          0

            雨が激しい中サンマルコ広場から徒歩3分のTrattoria Do Forniへ。本格的なヴェネツィア料理が楽しめるということで事前に予約済み。Trattoriaということだが内装はRistoranteクラスであり、自身の服装を考えるとやや気後れしてしまう。しかしながらウェイターは極めて親切であり安心して食事ができるお店。

            いわゆるボンゴレを注文とスカンピを注文。いずれも絶品。

            ゴンドラセレナーデ

            0

              当日の交渉は困難であることを予想し、マイバスイタリー社のゴンドラツアーを予約。集合場所のサンタ・マリア・デル・ジリオのゴンドラ乗り場に集合したのは約15人の日本人。雨天の中、ガイドの指示に従って3台のゴンドラに分乗。

              ゴンドリューレ(ゴンドラを漕ぐ人)は陽気だ。陽気すぎる。新婚夫婦とそのご両親(おそらくは新婦側のご両親)とご一緒。

              うち1台のゴンドラには歌い手とアコーディオン奏者が乗り、歌ってくれる。このツアーの名前は「ゴンドラセレナーデ」。尚、このような歌い手付きのゴンドラに乗っているのは日本人以外に見たことがない。

              雨天のため大変寒いゴンドラツアーとなった。天気が良かったら気持ちが良いに違いない。もう少し夜遅いほうが風情があるのかもしれない。リアルト橋側の方がライトアップされていて美しいヴェネツィアに囲まれることができるか。

              5つ星ホテルBauerの前を通過してゴンドラセレナーデは終了。


              Marco Polo

              0

                偶然にも発見したリアルト橋付近の古本屋マルコ・ポーロで貴重な文献を発見。
                ■1919年出版のヴェネツィアのガイドブック(フランス語)
                ■1890年代出版の東京を紹介した小冊子(イタリア語)
                相当な年代ものである。

                Pizza Pause

                0

                  いわゆる街中にあるカジュラルなピザのお店である。不確実な情報ながらイタリア各所にあるらしい。サンマルコ広場からリアルト橋方面に向かい、橋を越えずに北東方面に数分歩いたところ。いわゆるPizzeriaではなくファーストフードと言ったところか。
                  と言っても、ピザのレベルは低くない。ピザの台(具やソースを除いた部分)だけで相応の味があり、満足度高。

                  MARCHINI

                  0

                    Caffe Florianにも納めているMARCHINIはサン・マルコ広場から2〜3分の位置にあり、店内に足を踏み入れる前に既に甘い香りがただよう。しかしながら、その甘さからは想像できないほと、シンプルで適度な甘さのお菓子が勢ぞろいである。ヴェネツィアに再訪する際は迷わず訪れたいお店の1つ。

                    Caffe Florian

                    0


                      サン・マルコ広場に面するCaffe Florian。ヴェネツィアで最も有名なカフェであり、文人、芸術家等にも愛されたらしい。1720年創業。

                      外では生演奏が行われており外の席では演奏料が加算される。演奏のレベルに関係なく約5ユーロ。基本的には外の席に座ることになるので、5ユーロの加算は不可避。Espresso1杯で1,500円くらいかかることになる。高いことを予め知っていれば、さほど腹も立たない。多少の値段の高さは、このカフェの歴史に対する敬意に対する価値と考えよう。

                      同じサン・マルコ広場に面するGran Caffe Quadriでも生演奏を行っている。

                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent trackback
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM