<< プレジデント9月18日号 | main | ローマ地下鉄事故 >>

ブログの効用

0
    ブログを始めて2ヶ月が経過している。

    開始当初は本当に1日と16日にのみ更新することを目標としていた。
    ところが、すぐにその方針を変更する。それはブログをメモとして使うことを思いついたためである。メモとして利用すると、細かい投稿が増える。予想以上にこのブログを利用することとなった。その効果がいかがなものであるか、自分自身でも整理しきれていないが、概ね良い方向で進んでいると思い、このまま継続させたい。

    情報の整理については、多くの方法を考え、試しているが、ブログの利点は以下のとおりと考える。もっとも、いずれも当然のことである。

    (1)検索の容易性

     今まで試した方法はいずれもアナログ形式であったため、メモをとり、ノートにまとめることで満足してしまうことが多く、いざ使いたいときに、情報がどこにあるかわからない、ということがあった。デジタルの情報は検索が容易である。まだ検索に困るほどの量ではないが、いずれ効果が現れるだろう。

    (2)情報×情報

     ブログによって自分のメモを公開すると、ブログを目にした人から思わぬ追加情報を頂くことがある。コメント欄にコメントすることは憚られるとしても、「ブログ見たよ。そういえば〜」など、次に会ったときに思わぬ話の展開や情報を得ることができる。

    (3)文章の練習

     アクセスの少ないブログ、かつ、自分勝手なメモとは言え、第三者の目に触れる文章であり、自分の文体に気を遣うことになる。また、自分の文章に責任を持たなければならない。文章力の強化に少しでもつながることを期待したい。

    (4)どこでも投稿可能

     現段階では実現していないがWeb環境さえあれば、どこでも情報を追加することができる。紙とえんぴつの方が携帯は容易だが、その後の情報整理を考えるとWeb環境を用いての整理の方が時間がかからない。モバイル端末の導入も検討したい。

    ブログメモ方式の問題点として考えうることは、

    (ア)デジタル情報は一瞬にして消えてしまう。
    (イ)秘匿しておきたい情報をいかに整理するか。

    の2点であるが、(ア)はノートやメモを紛失してしまえば、アナログであっても同じであり、気にしないことにしている。(イ)が問題であるが解決策は思いついていない。

    また、専門分野に関する情報を別の形で整理することも考えた。しかしメモは一元化して管理すべきであり、あえてこのスペースを利用したい。




    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック