<< いせや総本店公園店 | main | 中華そば 栄じ >>

氷点

0
    氷点
    2夜連続のスペシャルドラマ「氷点」を見て、初めてこの作品を読んだときに(大学生時代)偶然にも雪が降っていたのを思い出した。前半は、ほぼ原作に忠実。後半は、地震、北原に襲いかかる悲劇など、原作と異なる部分がある。この作品を読んだ者が内容を思い出すには良い内容。ドラマで初めて作品に触れるには、ややスピードが速すぎるか。特に辻口啓三が遭遇する洞爺丸の事故の場面は、クリスチャンとしての三浦綾子の世界が最も良く現れた部分でもあり、このシーンが無かったのは残念。陽子(石原さとみ)、夏枝(飯島直子)、辰子(岸本加世子)が役にフィットしている。
    原作を映画化・ドラマ化するときに「原作を超える」シーンが登場することが多く、それが製作者側の手腕の見せどころとも言えよう。今回のドラマでは竹下景子が演じる「原作を超える」シーンが印象的である。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent trackback
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM