<< 世田谷文学館−宮沢和史の世界− | main | 消費者契約法 大学に「授業料」返還義務 最高裁が初の判断 >>

アカデミーヒルズ六本木ライブラリー

0

    以前より関心のあるアカデミーヒルズ六本木ライブラリーにワンデーメンバーとして入場。コーヒー1杯の無料チケット付。

    「ベンチャー企業若手役員」等をメンバーの中心層としてイメージしていたが、実際には多くの層が混在し、仕事、勉強、軽い打ち合わせ、読書など様々な利用がなされている。ノートパソコンの持ち込みも多い。

    (1)書籍数が多いというわけではない。しかしながら宣伝文句のとおり、読みたくなるような本が揃えられている。ビジネス書が多いが小説等も用意されている。(この日は行かなかったが40階には芸術関係の本も揃えられているとのこと。)
    (2)自分と同世代(もしくは少し上の世代)のメンバーが多いことに驚く。月9,000円の出費は、図書館の利用料として考えれば高いが、思い直してみると、フィットネス等を利用する料金と同レヴェルである。六本木へのアクセスが良く、それなりの頻度で利用できれば、申し分ない。
    (3)天井が高く座席も広い。眺めも良い。集中するには最適の場所である。同日は3時間で5冊ほど「つまみ読み」する。

    どうやらこの日は休日にしては空いていた様子。混んでいる場合にはワンデーメンバーの入場は断られるらしい。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック