<< タカセ | main | 手帳から見る自分(5) >>

ヤマダ電機 公正取引委員会が立ち入り検査

0
    家電量販店最大手のヤマダ電機が家電メーカーなど納入業者に対し、販売員の派遣を強要していた疑いが強まったとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)容疑で本社などを立ち入り検査したとのこと。

    私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
    (不公正な取引方法)
    第19条 事業者は、不公正な取引方法を用いてはならない。
    (定義)
    第2条 
     この法律において「不公正な取引方法」とは、次の各号のいずれかに該当する行為であつて、公正な競争を阻害するおそれがあるもののうち、公正取引委員会が指定するものをいう。(各号略)

    不公正な取引方法(昭和57年6月18日 公正取引委員会告示第15号)
    (優越的地位の濫用)
    14 自己の取引上の地位が相手方に優越していることを利用して、正常な商慣習に照らして不当に、次の各号のいずれかに掲げる行為をすること。
    一 継続して取引する相手方に対し、当該取引に係る商品又は役務以外の商品又は役務を購入させること。
    二 継続して取引する相手方に対し、自己のために金銭、役務その他の経済上の利益を提供させること。
    三 相手方に不利益となるように取引条件を設定し、又は変更すること。
    四 前三号に該当する行為のほか、取引の条件又は実施について相手方に不利益を与えること。
    五 取引の相手方である会社に対し、当該会社の役員(私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和二十二年法律第五十四号)第二条第三項の役員をいう。以下同じ。)の選任についてあらかじめ自己の指示に従わせ、又は自己の承認を受けさせること。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック