<< 判例整理・最判平成19年11月8日(キヤノンインクカートリッジ事件) | main | ある一面から見た「怒り」の構造 >>

中嶋博行「司法戦争」

0
    司法戦争 (講談社文庫)
    この手の小説を思わず読んでみたくなるのは、一種の職業病かもしれない。素人ながらに、やや極端かなぁと感じる部分もあるが、細部に司法制度の問題点が描かれている。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック