<< ある一面から見た「怒り」の構造 | main | 三ケ月章「法学入門」 >>

中野次雄編「判例とその読み方」

0
    判例とその読み方
    学生時代、判例の読み方って誰に習ったのであろうか。思い返せばそれをレクチャーする講義などなかったようなような気がする。憲法か、訴訟法か、いや、法学入門か。訴訟法ともなれば、ある程度、年次が進まないと受講できないから遅すぎる。自分自身の経験を振り返ると、いくつもの判例を読むことによって、自然に判例の読み方は身につくものであると思われるが、この本によって改めて得たこともある。ふと大学生のときを思い返した1冊。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック