<< 中野次雄編「判例とその読み方」 | main | STOKKEのTRIPPTRAPP >>

三ケ月章「法学入門」

0
    法律学講座双書 法学入門
    今更ながら三ケ月先生の法学入門を読む。大学時代には、法学入門という講義はなかったので、この手の本を読むのは初めてのことであるが、どうにも難しい。三ケ月先生もまえがきの部分でおっしゃっているが、法学入門ほど難しく、幅が広いものは無い。法律は具体的なケースを解決するあるから、具体的なイメージなしの抽象論では理解が進まない。
    大学時代には、米倉先生の法学入門を用いた演習に参加することができ、学部1年生には難しい内容ながらも、多くの事例を用いて考える機会に恵まれた。このときは、稚拙な議論をしていたが、今思えば極めて有益な時間であった。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック